[LB指数ランキング] 19-20クラシック編 2019/10/27版 アルテミスSからリアアメリアとサンクテュエール、萩S勝利ヴェルトライゼンデ、新馬勝利サトノインプレッサなどがランクイン

牡馬クラシック編

先週からは萩S1着88Aヴェルトライゼンデ、新馬1着90Aサトノインプレッサ、未勝利1着90Bセントオブゴールドがランクインしました。

萩Sを勝ってデビュー2連勝ヴェルトライゼンデ。指数はオープンとして控えめも、その要因はL3F12.2-11.2-11.3のL2F重点になったこと。2戦とも道悪での勝利ですが、それだけにスタミナがありそうですし、時計がかかる先週の京都でL2F11.2-11.3に対応なら軽い馬場でも切れるでしょう。

牝馬クラシック編

先週からはアルテミスS1着93Sリアアメリア、同2着92Aサンクテュエールがランクインしました。

衝撃の新馬戦から4ヶ月ぶりのリアアメリアがすんなり重賞制覇。その93Sは期待が大きすぎるせいか少し物足りなく映りますが、我慢させてからの末脚を確認する試運転として見れば並ならぬ数字でした。

ランクイン条件

1.牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上
2.オープン・1勝クラス・未勝利・新馬→勝利馬
3.重賞→2着以内

※赤文字→先週からのランクイン馬。
※太文字→現オープン基準値以上(★はオープン「Good!」以上)

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。