[LB指数 魂の◎] 土曜版 2019/02/09 クイーンC・こぶし賞・あすなろ賞など

東京11R クイーンC ◎クロノジェネシス

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳OP重賞基準値→96

◎クロノジェネシス

【上位候補】
ビーチサンバ・マドラスチェック・カレンブーケドール

素直に阪神JF2着クロノジェネシスと3着ビーチサンバの争い。

逆転まではどうかと思いますが好勝負は、東京マイルで新馬1着75S→赤松賞2着95Bと順調なマドラスチェックと、前走未勝利1着91Cカレンブーケドール

以下、8月新馬1着83Aが当時の「Good!」(クラス上位16%級値)だったミリオンドリームズ。上位候補にはピックアップされませんでしたが、素質は高いと思います。

小倉10R あすなろ賞 ◎カフジジュピター

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳500万下基準値→91

◎カフジジュピター

【上位候補】
ハバナウインド・カセドラルベル

カフジジュピターは破格新馬1着99Bのあと、エリカ賞5着89D→京成杯9着90Dと振るいません。ただエリカ賞にせよ京成杯にせよ、ここなら悪くありません。これまで通りの地力勝負で巻き返しでしょう。

ハバナウインドはきんもくせい特別5着98Cも、4着101Dディキシーナイトに抵抗したパフォーマンスが高くあなどれません。

カセドラルベルは8~9月にかけて新馬2着80S→未勝利1着94Dのハイポテンシャル。特に未勝利94Dは当時の「Good!」(クラス上位16%級値)を軽く超えての快勝でした。

京都9R こぶし賞 ◎マイネルウィルトス

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳500万下基準値→91

◎マイネルウィルトス

【上位候補】
セグレドスペリオル・アーデントリー

マイネルウィルトスは500万下クラス3連続2着中。その推移はこうやまき賞2着91S→千両賞2着91C→白梅賞2着98Bでした。クラス水準を下回ったことはなく、いずれもメンバー上位で今度こそ。

以下上位候補として白梅賞組がピックアップされましたが、指数差が狭いメンバー構成のため、正直なところ全馬好走の資格があると思います。

東京5R 3歳未勝利 ◎マイネルペンドラム

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎マイネルペンドラム

【上位候補】
セントレオナード・ショウチクバイ・オセアグレイト・アドマイヤクロス

マイネルペンドラムは前3走5着83D→4着93C→4着85C。馬券圏内には食い込めませんが、いずれも今回上位です。

逆転候補筆頭はセントレオナード。新馬3着79S→未勝利2着87Cとメンバー屈指の安定感ですし、指数も伴っています。

京都5R 3歳未勝利 ◎バラックパリンカ

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎バラックパリンカ

【上位候補】
ガラチコ・メイショウパティオ・モズベッロ・クリノオウジャ・オンワードセルフ

バラックパリンカはエクザルフが勝った新馬2着97Cが非凡。2戦目は勝ったブラヴァスと一緒に3着以下をぶっちぎり。前走は4着85Eと案外でしたが、それでもメンバー中トップ。上位候補は多いですが、能力の高さを見せつけるでしょう。

小倉4R 3歳未勝利 ◎ヘヴンズコーヴ

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎ヘヴンズコーヴ

【上位候補】
ギルマ・トモジャチャーリー

ヘヴンズコーヴは新馬15着43A→未勝利11着60Dからの未勝利7着90B。結果はさておき大進境。期待馬らしくなってきました。普通ならギルマというメンバー構成ですが、ひと泡食わせるかも知れません。

小倉3R 3歳未勝利 ◎コハルビヨリ

出走予定馬のLB指数最高値一覧(中央開催の芝のみ)

3歳未勝利基準値→86

◎コハルビヨリ

【上位候補】
パドカトル・ジョーカリン・ファイトフォーラヴ・ホットスタンプ

1200mのスピード戦で強いコハルビヨリ。2歳8月の小倉で1.08.5実績があり、その83Dも当時水準上位でした。スタートが決まればスイスイでしょう。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。