[LB指数速報] 日曜版 2019/02/03 きさらぎ賞・ゆりかもめ賞など

日曜京都版

京都11R きさらぎ賞 ダノンチェイサー

88C(96-102)
上位伸CADCC
ラップ推移は基準ラップに沿った素直なものですが、重賞としては小さくまとまり過ぎました。クラス基準値96へは上がり3F-0.5秒要します。

上がり3F-0.5秒が成るには、引き離して逃げたランスオブプラーナがもっと踏ん張るか、2番手以降が直線入ってすぐ抜け出すかのどちらか。後者が現実的だと思いますが、ランスオブプラーナが引き離したまま直線に入った段階で、指数をリカバリーするには厳しい体勢になってしまいました。

出走馬が軒並みベストには程遠い指数。レースとしては平凡でしたが、案外だったヴァンドギャルドとアガラスも含めて、これが真のポテンシャルと考えないほうがいいでしょう。

今後の予測値
3歳G1級(107):109

京都6R 新馬 アイラブテーラー

79C(79-84)
上位伸CCCDC
L3F12.4-12.0-11.6のL1F重点でした。ただ新馬戦としてのラップ推移はそこそこまとまっており、極端なスローではなさそうです。エンジンがかかってから良く伸び、マルシュロレーヌの勝ちパターンを差し切り。着差以上に強いかも知れません。

日曜東京版

東京9R ゆりかもめ賞 サトノジェネシス「Good!」

102A(91-98)
上位伸AABCC
一貫スローから直線をフルに使った高速上がり勝負。特にピークであるL2F11.0-11.3が強力です(L2F+0.7秒でクラス基準値91)

これまで新馬3着87S→未勝利1着94B→今回102Aがすべて当時のクラス上位16%「Good!」級。体力が伴えばダービー有力候補になりますし、そうならなくちゃいけない馬だと思います。

今後の予測値
3歳重賞級(96):107
3歳G1級(107):111

「Good!」クラス上位16%級突破
1着102Aサトノジェネシス
2着98Aキタサンバルカン

東京6R 新馬 キスラー

65A(79-84)
上位伸ADBED
中盤12秒台後半3つに緩みましたが、それで上がり3F35.4はトップスピード不足(上がり3F-0.9秒でクラス基準値79)2着ドンキースタイル64D・4着64Eベストピクチャーあたりの先行勢が伸びませんでした。

残り200mを切ってからグイグイ伸びたキスラーの末脚は迫力がありましたし、上積みもあるはずですが、その辺少し割り引く必要があります。

日曜中京版

データ班 東京9R ゆりかもめ賞 サトノジェネシス

昨年3歳1~3月の500万下をクラス上位16%級以上で勝った馬です。

サトノジェネシスのようにすべてのレースでクラス上位16%級実績が続いている馬はいません。この中では最上位のポテンシャルを見込みます。恐らくクラシック候補になると思います。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。