[LB指数ランキング] 20-21クラシック編 2020/06/28版 新馬勝利ダノンザキッド・未勝利突破ゴールドチャリスなどがランクイン

ランクインの条件

  • 牡馬芝1600m以上・牝馬芝1400m以上。
  • 勝利馬。重賞2着以内。
  • 上記を満たした上位18頭(18位タイ)

赤文字=新規ランクイン馬。
太文字=現オープン重賞基準値以上。

牡馬クラシック編

先週からの新規ランクインはダノンザキッドロードマックスの2頭。

ダノンザキッド「Good!」勝利かつ2着に0.5秒差の快勝。これは昨年のウーマンズハート・リアアメリアと同じ条件だ。
(芝1600m以上の2歳6~8月新馬を「Good!」かつ0.5秒差以上で勝った馬)

新馬戦に限れば、切れ味は83S実績のウーマンズハート、スケールは89Bリアアメリアが上だが、いいとこ取りの好バランスが武器。クラシック候補生として注目の一頭だろう。

牝馬クラシック編

先週からの新規ランクインは新馬勝利スライリー、未勝利勝ちゴールドチャリスジュラメントの3頭。

ゴールドチャリスの未勝利94Eは、昨年同条件と比べた場合ミヤマザクラ・マルターズディオサ・インザムービーが該当するレベル(芝1400m以上の2歳6~8月未勝利を「Excellent!」値91以上で勝った馬)

2歳6月に1分21秒台は上等で、いかにも序盤から走るタイプ。1600mで結果を出すようなら阪神JFに繋がっていきそうだ。

LB指数とは?

「クラシックが楽しくなる指数」。タイムにとらわれない基準で、クラシック戦線を予測します。